納豆は健康にいい食材と有名な食べ物です

納豆の力

古くから食べられている日本の伝統的な食事の中に納豆があります。

 

納豆は大豆を納豆菌で発酵させたものですが、この納豆菌が大変優れもので
人を健康にする様々な効果があります。

 

納豆菌が作るナットウキナーゼは最近ではよくテレビでも紹介されているので、ご存知の方も多いと思います。
ナットウキナーゼは血管の中の血栓を溶かす作用がありますので脳梗塞などの血栓疾患を防止する効果があります。

 

次に同じく納豆菌の作用によって作られるビタミンK2、これはカルシウムの吸収を促しさらにカルシウムが溶け出さないように保つ性質もあるので骨粗しょう症の予防になります。

 

納豆には殺菌作用があり、古くから赤痢や、チフスのなどの伝染病を抗菌するために使われてきました。
現在でもO157に対する抗菌作用が照明されています。

 

納豆菌の一部は胃酸で死なずに生きたまま腸に届き整腸効果を発揮します。
これは納豆菌が乳酸菌を増殖させてラクトバチルスと言われる乳酸菌を増加させることによるものです。

 

さらに納豆菌だけではなく大豆自身も良質なたんぱく質と食物繊維を備えていますが、欠点として組織が固く消化吸収されにくいという難点があります。
しかしこれも納豆菌の酵素分解の性質によって消化吸収しやすいものとなるのです。

 

納豆は1日パック食べることで健康になります。
またダイエット中などはたんぱく質が不足しがちですが、その様な時でも納豆は最適です。
ダイエットでたんぱく質が不足すると結果的に筋肉量が低下することで基礎代謝が低下し、結果痩せにくい体になってしまうのです。

 

朝食で納豆を食べる光景を良く見かけますが、効果を考えるならば納豆は夕食時食べる方が良いです。
それはナットウキナーゼの血栓溶解作用が一日の中で一番血栓が形成されやすい深夜から早朝にかけて働くことが出来るからです。
納豆にしろオクラにしろねばねば系の食べ物は身体にいいのですね^^